お問合わせフォーム

トップページ 会社概要 事業内容 製品案内 リンク お問合わせ
●営業時間(土日祝日除く) 9:00〜17:30

【ヒト由来の乳酸菌含有食品】
 乳酸菌の力 兆味料
【腸内フローラ】
 昨今、メディアなどで「腸内フローラ」という言葉を目にする機会が増えました。
私達のお腹の中には300種類、100兆個もの微生物がいます。この微生物を腸内細菌といい、小腸の終わりから大腸にかけて、腸内細菌が生息しており、びっしりと腸内の壁面にいる様子を腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)と呼ばれ、別名「腸内フローラ」と呼ばれています。

 人間の性格が100人いたら100人違うように、「腸内フローラ」も人それぞれ違います。
年齢はもちろんのこと、毎日の生活習慣やストレスなどによっても変化します。

 腸内細菌は、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌、ウェルシュ菌などの悪玉菌、どちらにも属さない日和見菌に分別れています。
 善玉菌は、ヒトの体に優位な働きをするとされる菌で、善玉菌は、腸内の中を腐敗させたりする菌と言われております。日和見菌は、通常そのどちらにも属せず、体調が崩れたときに悪玉菌として働くとされています。
 
兆味料の特徴
 
 なぜ乳酸菌が必要なのか?乳酸菌が腸に届く事で体内環境を整える事ができます。
乳酸菌菌体そのものが体にも良い刺激を与えます。また重要なのは、乳酸菌の量でもあり、体内環境を整えるためには、1日1兆個以上の乳酸菌が必要であると言われています。
【原材料に含まれているもの】
・アピオス
 日本では「ホドイモ」と呼ばれ、主に東北地方北部で自生しており、女性や子供の元気なる元として古くから食されていました。有用成分として、タンパク質や脂質、カルシウム、リン、鉄分、ナトリウム、カリウム、ビタミンCE等が確認されています。

・乳酸菌末(エンテロコッカス・フェカリス菌)
 乳酸菌と一言でいっても、人間には人間の乳酸菌が存在し、牛には牛の、豚には豚の乳酸菌があります。
 皆さんがよく食されている「ヨーグルト」は、一般的に牛の乳酸菌で作られ、子供から大人まで愛用されている食品です。

 このヨーグルト、「牛」で"牛由来(牛からできた)乳酸菌"ですので人間の体では役目は果たしてもヒトの体の中に長く居座ることはできません。
 私たちの体の消化管内にもヒト由来の乳酸菌というものが棲んでいます。それが超エリート菌といった乳酸菌群(棒状の形をした桿菌と丸い球菌)で、この「兆味料」に使用されているエンテロコッカス・フェカリス菌もその一つです。
 このエンテロコッカス・フェカリス菌を活性化し、善玉菌を増やすことは日々の健康につながります。

 お腹の中には300種類、100兆個もの微生物がいます。この微生物を腸内細菌と言い、腸内細菌は善玉菌・悪玉菌・日和見菌に分別されます。
 私達が食べた物は腸内細菌のえさになり、腸内細菌が排出した物が私達の血液成分となり体全体に運ばれる仕組みになっています。つまり各人が同じ食べ物(健康食品等含む)を食べてもそれは悪玉菌のえさになるか善玉菌のえさになるかで健康も左右され、健康を保つ体作りをするには善玉菌を増やしてあげることが必要と言われています。

・難消化性デキストリン
 トウモロコシのデンプンを培焼し、アミラーゼ(食物として摂取したデンプンを消化する酵素)で加水分解します。その中の難消化性成分を取り出して調製した水溶性の食物繊維が難消化性デキストリンです。
日本人の食生活が欧米化し、食物繊維の役割が重視されるようになったため、不足しがちな食物繊維を補う目的で作られました。低粘性・低甘味で水溶液はほぼ透明、耐熱性・耐酸性に優れている食品素材です。

兆味料の使い方
 価格:5,000円(税別)

お問合わせ
 

サイトマップ/SITE MAPプライバシーポリシー/PRIVACY POLICY
当サイトに掲載している全ての写真・イラストおよび文章の著作権は、当サイト運営者である株式会社J・プランニングに帰属しますので一切の無断転載を禁じます。
copyright(C)2006 J-planning.All rights reserved